1000万円以内で手に入れる ー集合住宅ー

re・fresh
house

チラシなどにあまり掲載されないせいか、多くの方は500万円前後の中古
マンションの存在を知りません。というのも、築年数の古い物件はそのまま
売りに出しても内装の傷みや、キッチンやトイレなど設備機器の劣化があり
印象が悪いため売れません。
そこで業者はきれいにリフォームしてから売り出すので、その分の工事費や
諸経費が上乗せされます。
この場合、注意しなければいけないのは、適正価格かどうかということです。
・リフォーム工事する前の価格はいくらなのか?

・リフォームの工事費はいくらなのか?(工事仕様と工事費は適正か?)
そんな物件を購入するくらいなら、まだ誰の手も入っていない「素」の状態の
中古物件を購入し、好きなようにリノベーションするのが賢い選択です。

Kitchen

Bed
room

Kids
corner

Living

廊下や和室などの壁を取り払い、広々と開放的な部屋とする。
当然壁がなくなれば広くなるが、収納棚などを置く場所は限られてくる。また広くなった分、
空間が単調になってしまうので、リビングの床を2段ほど上げてエリア分けして変化をつける。
床を上げた部分を全て床下収納にして、収納棚などを置くよりも多くの収納スペースを得る。
無垢フローリングの床は、梅雨のジメジメした時期でも常にサラサラを保ち快適。経年変化も
楽しみの一つとなる。賃貸住宅にはできないプチリフォームができるのも魅力である。

before

after

例えば70uくらいの広さの中古マンションを500万円で購入したとしましょう。
床は無垢の板に張り替え、壁を白いペンキで塗り、キッチン、トイレ、洗面、浴室を新しいものに替えます。
平均的な工事費は450万円くらいかかります。(建物の構造や、現況、選ぶ仕上げ材によって工事費は変わります)
十分、1000万円以内で納まります。

家賃8万円の賃貸住宅に10年住んだとしたら、960万円払ったことになります。
3000万円の新築分譲マンションを購入したとしたら30〜35年のローンが待っています。

1000万円(住居+工事費)の自慢の我が家を5年後に売ったとします。
デザインという価値がある物件は希少であり、また人気もあります。900万円で売れたとします。
5年間でかかった住居費は100万円(税金等は除く)となり、月にすると2万円を切ります。
売れた金額を頭金に新築の家を建てるもよし、手放さず賃貸に出して、家賃収入を得るもよし。
他にも、ここには書けないすごいメリットもあります。

新築マンションをどんどん建て、中古マンションは余ってきている時代だからこそ、このような選択ができるのです。
味わいのある雰囲気をいかし、新築にはない個性のある家に住みたくはないですか?

私たちは中古物件探しから、設計デザイン、工事中の監理、引渡しと、最後まで責任もってお付き合いさせていただきます。
中古物件を選ぶときの注意点などもありますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

Dining